<   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

横須賀!

昨日、横須賀に行ってきた。急にカレーが食べたくなったのである。

またいつものツーリングのメンバー、じゅん、マルと3人で行ってきた。

メンバーは男3人だったけどそれはそれで楽しいんだ♪

行きの乗換えで横浜に降りた時に、『スラムダンク FINAL』のイベントに行ったことを思い出す。

ここでイベント行く前に腹が痛くなってトイレに駆け込んだっけ・・・なんてことをそのトイレの目の前で思い出す。

そこから40分くらい電車に乗り、ちょうど正午に横須賀に到着。

まず腹が痛くなったのでトイレに駆け込む俺とマル。どうやら神奈川に来ると腹が痛くなるらしい。

そんでそのあと、100均でお菓子類を買う。

外に出て駅前でじゅんがメロンパンを食っていると、鷹のような巨大な鳥にJが襲われるという事件が起こる。

横須賀に行ったら上空に気をつけろ!!

昼飯はもちろん念願の海軍カレー。なんと今日はサービス期間中で一つ500円!(通常750円)おいしくいただきました。一緒についてきたサラダと牛乳もおいしかった♪なんか給食を思い出したね!

その後一行は三笠公園へ。さすが横須賀、外人が多い。まるでアメリカに来たような感じがした。

三笠公園に着くと、まずは戦艦『三笠』がお出迎え。かぁーっくいい!!

e0024675_07864.jpg











中には入らなかったけど、外観で十分楽しめた。

三笠公園から眺める海は最高に気持ちよかった!
近くに見える猿島もいい眺めだ。
e0024675_083758.jpg
e0024675_085879.jpg












せっかくなので船に乗り猿島へ!!船に乗るなんて久しぶりだった。海風が気持ちよくて最高☆テンション上がりっぱなしの3人だった。海はやっぱいつ見てもいいね!幼心が戻っちゃうっていうか。

猿島に着くとけっこうたくさん人がいた。まずは島内を探検。
昔の軍事基地だけあってその名残が残っている。

かなり歩きつかれたけど遠足気分の俺らは元気だった。

休憩に海を見ながらお菓子を食べる。ゴミはもちろん持ち帰りました。

船に乗り遅れると野宿になりかねないので、大方歩き回った後猿島とお別れ。また来るからな!

三笠公園に戻り、今度はドブ板通りに。

特に珍しいものはない。しいて言えば、スカジャンの店が目立つくらい。

たくさん歩いて一行はまた三笠公園に戻った。

夕方の海も風情があって良し☆

夕飯の時間になったので、今度は駅前のまだ行ってないカレー屋に行く。ここもやっぱりおいしかった♪

カレーを食べ終わり横須賀を後に。

スッゲー楽しかったわ!さよなら横須賀~また来るよ~☆
今度は猿島で泳ぐか☆
[PR]
by air-takepon44 | 2006-04-24 00:10

LA旅行 最終日&総評

=3月18日=

ついにLA旅行も最終日。日本に帰るときがやってきた。

帰りたくね~って思ってた。

朝7時にフロント集合なので今日は早起き、6時に起きる。

フロントのおばちゃんに英語でお別れの挨拶。

最後に

『We had a good time!  good bye!』と言ったらおばちゃんは最高の笑顔で『サンキュー☆bye bye!』って言ってくれた。是非、またこのホテルに行きたいものだ。

ホテルの外に出て、記念に『USA TODAY』(新聞)を購入。70セント。アメリカでは色んな種類の新聞が自販で売っている。

そしてホテルに戻り車に乗って、僕らはLAを後に・・・。

さようなら、ロサンゼルス。思い出をありがとうロサンゼルス。さようならマジック。

ロサンゼルス空港に着きついに僕らはロサンゼルスを発った。

機内は相変わらず退屈で、イライラした。アメリカで購入した『SLAM』や『ベケット』などの雑誌を読みなんとか時間をつぶす。

11時間くらい乗っていただろうか、やっと日本に到着。

帰ってきてしまった・・・。こっちでは3月19日。今日からいつもの日々が、現実生活がまた始まる。

でも、LAでたくさんパワーをもらったんでこれからも頑張ります。マジックの魔法がまだ僕の右手には残っているからね!



=LA旅行 総評=

ロサンゼルス、とにかく最高だった!試合も楽しかったし、たくさんの有名な観光地も回れて嬉しかったし、そしてなんといってもマジック・ジョンソンとの出会い!!!これでしょう、今回のLA旅行の最大のサプライズは!!!
まさかマジックに会えるとはね。
こんな体験した人いるのかな?俺は凄い、ラッキーだったんじゃないかと思います。

マジックに会えたからこの旅行も更に楽しいものになりました。
マジックに感謝!ありがとうマジック!

というわけで、ロサンゼルスは最高でした!
[PR]
by air-takepon44 | 2006-04-23 11:12

LA旅行3日目

=3月17日=

またまたYと朝寝坊。昼の11時くらいに起きた。

この日は夜からシクサーズvsクリッパーズの試合がある。それまで俺達はダウンタウンのメインストリートを散策することに。

出かける準備をしていざメインストリートへ!

まずお決まりのようにファーストフードを食べる。俺は食べてないけどね。Y君が食いたいっていうから。

まぁ俺達はバスケっていうハードなスポーツしてるから太らないけどさ、こういう食生活してたらマジで体に悪い。アメリカ人は平気なのか。

メインストリートの方面に来たはいいけど、ほとんど変わらない。ダウンタウンはダウンタウンだ。ただやっぱり黒人さんが多い。

けっこう歩き回って時間は昼の3時頃。

そろそろホテルに戻ろうか、ということになった。

すると、向かいの通りの小さい服屋になにやら行列が出来ている。

その行列に並んでいる人達を見てみると、バスケットボールを持っている人が大勢いる。

しかもテレビ局っぽい人も来てる。警備員もたくさん。

まさか・・・!!誰かNBA選手がいるのか!?

俺は好奇心からその行列のほうに行ってみた。

服屋はかなりフォーマルなお店。そしてその入り口にはなんとレイカーガールズが立っている。
みんな超美人だった。

ここにレイカーガールズがいるってことは誰かレイカーズの選手がいるに違いない!

俺は中を覗いてみたが、人が多すぎてよく見えない・・・。

すると中から子供が嬉しそうな笑顔を浮かべながら出てきた。なんとその手にはマジック・ジョンソンのサイン付写真が・・・!!!!

『まさか・・・!!!!まさか!!!!!!!』

俺はいてもたってもいられなくなり、警備員に話しかけた。(もちろん英語で)

俺『あれは何ですか?』

警備員『あぁ、あれはマジック・ジョンソンのサイン会だよ。』


俺『マジック!?
                   

本当!?』


警備員『ああ。今ちょうど30分待ちさ!』

まさかこんなところにマジック・ジョンソンがいるなんて・・・!!!

マジックに会える!!!!マジックに会える・・・!!!!

俺は大興奮だった。だってマジックに会えるんだから!!!あのマジック・ジョンソンだぜ!?信じられる!?だがこれはマジなんだ!!!


俺はすぐに列に並んだ!その時の胸の高鳴りは今でも覚えている。

そしてようやく店の中にまで入ることができた。まだ並んでるんだけど、俺は遠くから背伸びして見てみた。

なんと俺の視線の先には、本物のマジック・ジョンソンが子供達にあの笑顔をふりまいていた。

俺はこれは夢か?という錯覚に陥った(マジに)。初めての感覚だった。だってあのマジックが俺の近くにいるんだもの。信じられないよ・・・。感動だよ・・・。俺はその場で泣きそうになった。

そしてすぐに俺達の番はやってきた。

『はじめまして、マジック!僕達は日本から来ました!』

マジックは俺達にも最高の笑顔で接してくれた。

こんなとこに日本人がいるとは思わなかったのだろう。マジックは大歓迎してくれた。

マジックは俺達を大きな手で迎えてくれた。

これがあのショータイムレイカーズを演じたマジックの手・・・あの素晴らしいパスやプレーを生み出した手か・・・。

俺とマジックはがっちりと握手を交わした。

唯一残念なのは写真撮影は禁止なこと。

だが・・・

マジック『カメラは持っているかい?』

俺『は、はい!』(英語ですよ)

マジック『それはよかった。一緒に撮ろうよ。』

もう本当に死んでもいいとさえ思った。だってマジックが、あのマジック・ジョンソンが今俺と肩を組んでくれてるんだもん・・・。

しかも一緒に写真撮ってくれたし・・・本当は写真撮影禁止なのにさ・・・。

まさかマジックから写真撮ろうって言ってくれるとは思わなかったよ・・・。

ありがとう・・・マジック・・・。

俺とY君とマジックの3人で記念撮影。その光景にカメラマンらしき人やテレビ局っぽい人達が俺達を撮影し始めた!これで明日のLAタイムズはもらったぜ!

俺は全然笑顔になれなかった。

今まで好きな女の子と写真撮ったことあったけど、それとは比べ物にならないくらい緊張した。

写真を撮り終わると、マジックは自分のでかいポラロイド写真にサインを書いてくれた。

俺は無謀にも

『名前も書いてください・・・!』

と、お願いしたらマジックは

『OK!じゃあスペルを書いてくれるかい?』

なんて良い人なんだ、マジック・・・。

俺は差し出された紙にスペルを書いた。

マジックは俺のスペルを見ながら、そして俺の名前を一文字一文字、丁寧に確認し声に出しながら書いてくれた。

さらにマジックは脇に置いてあったダンボールから2枚Tシャツを取り出した。

『君たちにあげるよ』

なんとマジックはTシャツまでプレゼントしてくれた・・・!

もう言葉にならない感動だった。

ここまで親切にしてくれるなんて・・・。

最後に俺は

『さようならマジック!Go! LAKERS!』と挨拶をした。

マジック『ハハハ、ありがとう!グッバイ!』

俺達はマジックの満面の笑みを背に店を後にした。

まるで夢のような気分だった。まだ興奮はおさまりきらない。

店の外で意味もなく俺とYはハイタッチ。

『イエー!!!』

とにかく騒ぎまくった。
はたから見たら、なんだあのジャパニーズはって感じだったろうな。でもいいんだ。

だってマジックと会えたし、写真も撮れたし、サインもくれたしTシャツもくれたし・・・。

マジック・・・ありがとう・・・。俺の一生の思い出になりました・・・。

本当にマジックは素晴らしい人でした!

さて意気揚々とホテルに戻った俺達はもうその晩に試合があることなど忘れて、マジックとの奇跡的な出会いについて何度も何度も話していた。

実際、あのまま日本に帰っても俺は満足だったし、思い残すことは何もなかった(笑)

6時になり、ステイプルズセンターへ。

今日はクリッパーズの試合だから、アリーナ内は赤と青で染まっていた。

レイカーズの時は黄色黄色!だったのにね。

アリーナ内にはマジックのサインも飾られていた。さっき書いてくれたサインとまったく同じ!

改めて俺は感動した。

俺はプレッツェルを片手に試合観戦。試合内容は終始クリッパーズが圧倒。

なんせシクサーズはアイバーソンが出てないから。ベンチにもいない。

でも、マジックに会ったからいいや!俺は前向きだった。

もうこの日は俺の頭の中はマジック、マジック、マジック、マジック・・・って感じだったね。

ホテルに帰ってもなかなか寝れないんだわ。

さていよいよ明日は日本に帰国っていうか、日本に行くっていうか・・・。

もう俺の故郷はここ、ロサンゼルスだ!!

日本帰りたくねー!!!!って気持ちでいっぱいでした。

お休み、マジック・・・☆


e0024675_551242.jpg

e0024675_552619.jpg













(今は携帯で撮ったやつで我慢して!ごめんね!)
[PR]
by air-takepon44 | 2006-04-20 05:06

LA旅行2日目

=3月16日=

ツアー会社のオプションツアーに申し込まず(金がないから)友人Yと俺は朝寝坊。
アウトレット観光や、ディズニーランド、ユニバーサルスタジオなどのツアーもあったのだが、そんな金もないので、行けないのだ。なんせ俺はたったの250ドルしか持って来てないんだから。

というわけで昼の12時に起床。というわけで今日はある意味完全なフリータイム。

さて、外出の用意をしてまずはダウンタウンを散策。近くのマックに行きビッグマックのラージセットを英語で注文。

さすがアメリカ、でかい・・・。ポテトも量があるし、何より驚いたのが、アメリカでは飲み物はカップだけ渡されて、あとはセルフで飲み物を入れられるんですよ。このカップがまたでかいでかい・・・。アメリカで普通サイズのセット頼んだら、日本でいうLセットが来ると思っていただいて間違いない。アメリカのラージセットはそれより更にでかい。なんてビッグな国だアメリカ。こりゃ太るわけだ。

そして俺らは1日目に見つけた、ホテル近くにあるでっかい公園でマックを食う。天気は快晴。

マックを食い終わり、ダウンタウンを一日中歩き回ることに。

もう黒人さんばっかり。恐い恐い。いつどこから拳銃で打たれるか不安だったよ。

途中、スニーカーショップを見つけたので入ってみた。その店のなんと安いことか!

オールスターがなんと20ドル!!AND1のバッシュが40ドル、安すぎる・・・。

そしてスニーカー大好きなYはそこでアディダスのキャンパスを購入。確か30ドルくらいだった。Yはもう2足も靴を買った。

さて、俺はというと・・・1日目に行ったナイキタウン。そこで見つけたコービーのシグネチャー、『ZOOM KOBE Ⅰ』 がかなり欲しくなった。(画像)

e0024675_15253476.jpgするとその激安スニーカーショップの隣になんとフットロッカーがあるではないか!!

さすがLAのフットロッカー!店員もかっこいいぜ。

ここで『ZOOM KOBE』を発見。125ドル、税込みで140ドル払って購入。サイズは28.5センチ。28センチがなかったのだ・・・。28がよかったけどま、しょーがない。

で、思い出としてフットロッカーの前で店員さんと一緒に写真撮影。ちゃんと英語で頼んだからね。

写真を撮って再びダウンタウンを散歩。すると急に腹が痛くなってきた・・・。

アメリカは日本と違ってそこらへんにトイレがあるわけでもなく、マックなどのファーストフード店にもトイレがほとんどない。少なくとも俺がLAにいる間にトイレを見たことがない。

これはまずいと思って、頑張ってホテルまで引き返すことに。アメリカに来て何してんだは・・・。

20分程歩いてようやくホテルに到着。で、もやもやをスッキリさせてから再びダウンタウンを散歩。俺らに疲れや時差ぼけなど関係ないわ。

散々歩き回って、夕方になるとさすがに危ないのでホテルに帰る。

この日はあまりに金がないため、むしろあまり腹も減っていないため夕飯を食わずにそのまま就寝。確か夜の9時には寝てた。

さて、次は3日目。俺の一生の思い出になるであろう、衝撃的なサプライズが起こった運命の日。心してお待ちください。
[PR]
by air-takepon44 | 2006-04-05 13:39